結婚相談所 成婚率 実態

MENU

結婚相談所の成婚率の実態は?相談所によって成婚のタイミングや計算方法が違う?

結婚相談所の成婚率の実態について調べてみましょう。
成婚率の算出方法は「成婚退会者数÷全退会者数」や「過去1年間の成婚退会者数÷在籍会員数」「成婚退会者数÷入会者数」のような方法があります。

 

例えば、楽天オーネットの成婚率は11.8%・ツヴァイの成婚率は17.4%・パートナーエージェントは28.6%・IBJメンバーズは55.4%というデータがあります。しかし、成婚率は相談所によって算出方法が違うので、相談所を決める時に成婚率だけを比較基準にしてはいけません。

 

なぜなら分母である会員数が全く異なるからです。会員数を見てみるとIJBメンバーズの会員数は約60000人に対し、楽天オーネットの会員数は49291人となっています。

 

成婚率の算出方法は結婚相談所によって違う

成婚率を公表していない相談所もあります。成婚したカップルが未婚同士なのか、それとも再婚同士なのかも明記されていません。また、成婚カップルの年齢などを細かく表示している相談所も少ないです。

 

つまり、算出方法の共通した定義が決まっていないので、「成婚率」はあくまでも各々の相談所の数字であることがいえます。

 

結婚相談所によって成婚のタイミングも違う

相談所によって成婚率の算出方法が異なることがわかりましたが、では成婚のタイミングも相談所によって異なるのでしょうか。答えは「YES」です。成婚のタイミングは、真剣交際が始まった時点で成婚とする相談所もあれば、結婚が決まってから成婚とする相談所もあります。

 

「IBJメンバーズ」を例に挙げてみると、IBJメンバーズは婚約にこだわっているので婚約を成婚の定義としています。しかし、ほとんどの相談所がお互いに結婚の意思を持ったら「成婚退会」となります。ここで注意が必要なことは「入籍=成婚退会」ではないということです。

 

成婚率はあくまでも参考程度

成婚退会した後に交際が解消されたとしても、退会後のことなので相談所の成婚率は変わりません。成婚率が高く表示されている相談所の方が魅力的に感じますが、結婚相談所の業界で共通の定義がないこともあるので、参考程度に考えた方が良いと考えます。

 

結婚相談所を選ぶ時に「費用」はもちろんですが、その他にも「会員数」「出会いの数」「出会いの質」「サポートが充実しているか」「成婚の定義」を比較してみると自分に合った相談所を見つけることができるのではないでしょうか。

 

結婚相談所 20代 おすすめ